フルウィッグの洗い方・保管の仕方でいつまでも新品状態を保とう!

フルウィッグは購入後のケアも重要になってきます。丁寧な手入れがウィッグを少しでも長く購入当初の状態をキープする秘訣。お手入れの仕方によってはウィッグの寿命が短くなってしまうので、注意しましょう。

 

ウィッグはスプレーやワックスを使ってヘアアレンジすることも可能です。ハードタイプのワックスやスプレーを使うと、粉をふいたような状態になってしまうことがあります。このような場合はシャンプーして汚れを落としましょう。

 

まず、シャンプー前にウィッグの髪をブラシでほぐしてホコリなどを取り除いておきます。逆毛を立ててアレンジした場合もていねいにほぐしてまっすぐにしておきましょう。ただし、ウェーブやカール加工されたウィッグはブラッシングしてはいけません。普通のブラシだと静電気が起こりやすく、ウィッグの毛を傷めてしまいがちです。できればウィッグ専用の目の粗いブラシをひとつ用意しておきましょう。

 

次に洗面器に水を張り、市販のシャンプーかウィッグ専用のシャンプーを加えて混ぜておきます。ウィッグを水に浸し、こすらないように押し洗いします。リンスも同じように行います。力を入れ過ぎず、優しく洗うのがポイントです。よくすすいで、おおまかに水気を切ります。

 

そのあと、タオルにくるんで軽く叩くようにして水気をとります。きつく絞るのはNGです。そのあと、日光が当たらない日陰で自然乾燥させましょう。ストレートスタイルならスタンドにかぶせて乾かしてもOKですが、カール加工されているタイプは濡れた状態の重みで加工がとれてしまうこともあるため、タオルの上などに寝かせて乾かすようにしてください。普段はスタンドにかぶせて、通気性のよい場所に置くとよいでしょう。

 

長期間ウィッグを使用しない場合は保管前にウィッグ用のスプレーをしてから、スタンドにかぶせ、さらに保管用のネットをかぶせて保管します。肩崩れしたり、クセがついたりするのをさけるため、丸めたり、畳んだりしないこと。カール、パーマ加工がされている場合は長期間スタンドにかぶせておくと加工がとれてしまうため、何箇所がゴムでゆるくまとめて水平な場所において通気性のいい場所に保管しましょう。

 

雑菌が湧くのを防ぐためにも、長期間保管する前には完全に乾いていることを確認しましょう。またお手入れグッズはウィッグ専用のものを用意したほうが、より長くウィッグを楽しむことができるようです。

 

 

激安だけど高品質のフルウィッグは、フルウィッグの激安通販.comで