より自然にフルウィッグを被るには・見せるには…その一工夫♪

最近の人工毛フルウィッグは見た目が自然なものが増えてきています。といっても合成繊維であることは変わりないので、場合によっては違和感を感じることもあるでしょう。では、よりフルウィッグを自然に見せるにはどのようなテクニックが必要なのでしょうか。

 

あまり安いものを選ぶと、どうスタイリングしても不自然に見えてしまうウィッグもあります。ショップのクチコミなどをチェックしてから購入するようにしましょう。より自然に見せたいときには自毛に近いカラーを選ぶようにすることもポイントです。

 

ウィッグであることがバレやすい一番のポイントはつむじの不自然さにあると言われています。購入したばかりのウィッグはつむじのまわりがペッタリとしているので、空気を含ませてふんわりさせましょう。適度に逆毛を入れるのも効果的です。こうすることでウィッグに当たる光を乱反射させることができるので、不自然なテカリも気にならなくなります。

 

また、ボブタイプのウィッグは襟足部分の毛が首に当たって、束になってしまうことがあります。気がついたときに軽くブラッシングできるように小さなブラシを用意しておくといいでしょう。

 

購入したばかりのウィッグはまず一度、洗ってみましょう。テカリが気になるようであれば、無香料の制汗スプレーをかける、ツヤがでないマットタイプのワックスを少しずつつけてみるなどして、テカリを少なくしていきます。衣類用の柔軟剤も不自然なテカリの軽減、静電気防止などに効果的ですので、試してみてくださいね。

 

また、ウィッグをかぶる時にきちんとネットをつけることも自然に見せる重要なポイントです。自毛が長い人はとにかくフラットになるようにアメリカンピンで髪をおさせておくこと。不自然に盛りあがってみえるのを防ぐことができます。

 

かぶる時は前髪の生え際辺りを持って後ろからかぶります。ウィッグのこめかみにあたる部分がきちんと耳の上にくるようにしてバランスを整えましょう。ウィッグは使い慣れてくると、テカリも程良く消えてきます。また、徐々に上手にかぶれるようになってくるもの。何度も練習して、自然にかぶれるようにトライしてみてください。

 

 

激安だけど高品質のフルウィッグは、フルウィッグの激安通販.comで