フルウィッグを結婚式などのお呼ばれや成人式など付ける時のポイント

オシャレの幅を広げてくれる便利なアイテムであるフルウィッグ。フルウィッグは普段のオシャレだけではなく、結婚式などのお呼ばれや成人式などのフォーマルな場にもつけていくこともできます。

 

ウィッグ初心者の方の中には「フォーマルな先にフルウィッグって失礼じゃない?」と不安な方もいるかもしれませんね。しかし、昔から結婚式や成人式でも自毛の長さや量が足りない場合、パーツウィッグを使用するケースがよくありました。服とバランスの取れた落ち着いたカラーのものであれば、失礼にはあたらないでしょう。

 

自毛の色が明るすぎたり、ショートスタイルである場合、着物やワンピースといったフォーマルな服装とマッチしない場合もあります。このような場合もおとなしめカラーのフルウィッグをかぶったほうが品よく見えるはずです。普段からコスプレを楽しむ人のなかには冠婚葬祭用のフルウィッグを用意しているひともいるのだとか。

 

フルウィッグの場合、髪型はダウンスタイルになります。長すぎるものよりもボブやミディアムタイプが自然に見えてオススメです。洋装なら肩までの長さのゆるいカールやウェーブヘアなどがぴったりでしょう。

 

ボブスタイルは着物やゆかたといった和装にもよく似合います。ダークカラーを選ぶとレトロモダンといったおしゃれな雰囲気に見せることができるのでオススメ。また最近では普段からV系ファッションを楽しんでいる人がブラックのボブやロングスタイルで成人式に出席することも多いのだそう。フルウィッグはフォーマルの場でも自分らしさをアピールしたい人やみんなと一緒がイヤ!という人にぴったりです。

 

フォーマルな席でフルウィッグを使用する場合は当日になって初めて装着&スタイリングするというのではなく、事前に何度か練習しておくようにしましょう。自分では難しいと思ったら、美容院でお願いするようにしましょう。また、フルウィッグに合わせるフォーマル用のティアラやカチューシャなどもたくさんあります。ウィッグを扱っているショップをチェックしてみてくださいね。

 

 

激安だけど高品質のフルウィッグは、フルウィッグの激安通販.comで