フルウィッグの上手なつけ方・かぶり方

フルウィッグを試してみたいけど、いかにもウィッグをかぶりました…というような不自然な雰囲気になってしまわないか不安という方もいるのではないでしょうか。また、フルウィッグをかぶるのはなんだか難しそうと思っている方もいるでしょう。

 

実際にフルウィッグを使っている人は「とにかく慣れが必要!」という人が多いようです。初めはうまくできなくても、だんだんと短時間で上手にかぶれるようになってくるので、安心してくださいね。

 

では、フルウィッグの上手なかぶり方を紹介します。用意するものは自毛をまとめるためのネットとアメリカンピン。このネットはウィッグに付属されていない場合もあるので、購入前に確認しておきましょう。また、ネットが新品の場合、ゴムがきつすぎて頭痛を引き起こすことがあるので、一度水洗いしておくのがベストです。

 

ショートヘアの方は洗顔用のターバンをする時のように、ネットを首まで下ろします。ゴムがついているほうが、下にくるように注意してくださいね。ショートヘアの方はそのあとゴムを引っ張って額の部分まであげます。髪の生え際が少し出るようにすると自然です。ネットから飛び出した髪はピンで留めて、なるべくフラットになるようにします。

 

ロングヘアの人はネットを首まで下ろしたら、前髪をセンターで分けてピンで留めておきます。後ろの長い部分はひとつにまとめてねじりあげ、ピンでフラットにとめていきます。最後にネットの先端(反対側の先端にはゴムがついていません)をまとめて、さらにピンで留めます。髪の凸凹が気になるという方はネットの上からピンで留めてもOKです。

 

そのあと、ウィッグについているアジャスターをずらして頭のサイズに合わせます。頭のサイズを測る時は、ネットをかぶった状態で測ることを忘れないようにしてください。
そして、前髪部分を持って、生え際の部分を額にひっかけ、後ろにずらすようにして位置を固定させます。バランスを整えたら、ストッパーで留めます。

 

慣れないうちは時間がかかるかもしれませんが、何度か練習しているうちにうまくかぶれるようになっていくはずです。ウィッグを上手につけられるようになりたいなら、練習あるのみ、ですね!

 

 

激安だけど高品質のフルウィッグは、フルウィッグの激安通販.comで